うつ病とアルコール

うつ(鬱)病の予防と対策 TOP > アルコールは回復の妨げ

うつ病治療中はアルコールは控えましょう

アルコールは脳を覚醒する作用がありますので、快適な睡眠の妨げになります。質のいい睡眠が重要なうつ病にとってはアルコールはマイナス効果と言えるでしょう。


アルコールを摂取すると、一時的に軽い気分になることができるかもしれませんが、その効果に頼ってしまうとリスクが高くなってしまいます。最初は少量のアルコールで良かったのに、毎日飲み続けると耐性ができてしまいどんどん量が増えてしまうのです。それを繰り返すうちに知らないうちにアルコール依存症になってしまう可能性がありますので、治療中は禁酒を心がけて回復に専念しましょう。