うつ病の人との接し方

うつ(鬱)病の予防と対策 TOP > うつ病の人との接し方

うつ病の人との接し方 励ますタイミングが大切

身近な人がうつ病になってしまったときには、どのように接すればいいのでしょうか。

それは、うつ病の症状によって接し方を変えた方がいいと思います。常にがんばれ!という言葉をかけ続けるのは、がんばりたくてもがんばれない時の重荷になってしまいますのでやめた方がいいでしょう。


重度の鬱で、休養が必要なときはあえて言葉をかけずに、あたたかく見守るようにしましょう。その後、少しずつ回復するにつれて言葉を増やしていくといいと言われています。外出できるようになったり、本人が立ち直ろうと努力している時期にはあたたかい励ましの言葉をかけてあげるといいようです。


うつ病の回復には、家族の協力がとても重要ですので、病気への理解を深めて上手な接し方を心がけましょう。