うつ病と自律神経失調症

うつ(鬱)病の予防と対策 TOP > 自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症は厳密には病気ではありません。自律神経が緊張して起こるいろいろな症状の総称です。

自律神経とは、私たち人間が生きていくために自動的に体を動かす神経のことです。たとえば、心臓や胃などの内臓の働きや、体温の調節などは、この自律神経が関係しています。

 

自律神経の中枢は、不安を感じる「扁桃体」の近くにあり、扁桃体で不安を感じると、その不安が自律神経に伝わり頭痛やめまい、吐き気、過呼吸などの自律神経の症状が現われます。また、ストレスが誘因となって代謝や消化などの生命活動を活発にするはたらきを担う「交感神経」と、その逆のはたらきをする「副交感神経」の優位入れ替わりのバランスが崩れることで自律神経失調症となると考えられています。

 

扁桃体の緊張が関係する不安障害やうつ病は、自律神経失調と深く関係していると考えられます。