うつ病と休養

うつ(鬱)病の予防と対策 TOP > うつ病の治療には休養が大切

改善には休養が大切です

うつ病の症状が悪化したり、慢性化してしまうのには、心身にかかるストレスが関係している場合も多いです。

そのため、うつ病の改善のためには休養が大切といわれています。

普段の生活のなかでしっかりと自分だけの時間を作り、仕事や人間関係について考えないように気持ちを切り替えて休養することを心がけましょう。

 

症状によっては休職も考慮する

常にストレスがかかり続ける職種や、職場の人間関係などがうつ病の原因になっている場合は、仕事を休職してうつ病の治療に専念することで、症状が回復するケースも多くあるようです。

もちろん休職するのは金銭的な問題や、立場上の責任など様々な問題があるかと思います。

しかし、休職して心身の安静を保つことによってうつ病が回復するのであれば、有効な手段と言えるでしょう。

入院治療

自殺願望が強く現われたり、自宅にいても、規則正しい生活のリズムが作れず回復の見込みが立たない場合は、入院治療も考慮しましょう。起床と就寝、食事や薬を飲む時間が決められますので、規則正しい生活のリズムを取り戻すことができます。また、入院して治療に専念することで自殺念慮を抑えることができると考えられます。また、自分と同じ症状で苦しんでいる人と出会うことで、「自分だけじゃないんだ!」と気づき、「自分もがんばろう!」という気持ちが芽生えるきっかけとな鬱の回復のための大きな力となる場合も多いようです。