うつ病の薬

うつ(鬱)病の予防と対策 TOP > うつ病の薬の種類

うつ病の治療で用いられる薬

現在はうつ病の薬の安全性は確立されており、神経伝達物質のバランスを整える目的で使用されます。


三環系抗うつ薬(第1世代)

説明 : 効果が出るまでに時間がかかりますが、効果が高い。

副作用 : めまいやのどの渇きなど

名称 : イミドール、トフラニール、トリプタノール、アナフラニール、ノリトレン

三環系抗うつ薬(第2世代)

説明 : 効果が出るまでにかかる時間が第1世代より早く、副作用も軽い。効果は若干劣る。

名称 : プロチアデン、アンプリット、アモキサン


四環系抗うつ薬(第2世代)

名称 : テトラミド、ルジオミール


SSRI(第3世代)

説明 : セロトニンの濃度を高める効果。不安障害の治療にも使用される。

副作用 : まれに弱い吐き気。副作用は弱い

名称 : パキシル、ジェイゾロフト、ルボックス、テプロメール


SNRI(第4世代)

説明 : セロトニンとノルアドレナリンの濃度を高める効果。

副作用 : まれに弱い吐き気。副作用は弱い

名称 : トレドミン