うつ病とセロトニン

うつ(鬱)病の予防と対策 TOP > セロトニン

セロトニンとうつ病の関係

「セロトニン」とは、「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」を指揮する物質で、三大神経伝達物質の一つです。神経間で情報を伝達するときに重要な働きをします。

最近はうつ病や、精神病の増加に伴い、精神に関係する話題とともにセロトニンが有名になってきました。

それは、セロトニンは精神のバランスを整える作用をもち、不安や抑うつに効果があるとされているからです。セロトニンは脳全体の調整役として不可欠な物質で、ノルアドレナリンやドーパミンとともに精神面で大きな役割を担います。

セロトニンが不足すると

・うつ 、不眠、睡眠障害
・月経前症候群
・偏頭痛
・更年期障害
・パニック

などがセロトニンが不足することが原因で起こりうる症状です。これらの症状によって誘発される症例は

・小さなことでイライラする ・周囲になじめない、会話がうまくいかない
・暴力的になる
・朝起きたときに何もする気が起きない

セロトニンに作用するサプリメント

セロトニンサプリメントうつはセロトニン神経の活動が弱まり、セロトニンが不足することで起こります。そのため、セロトニンを増やすことで、うつの予防や改善に効果が期待できます。

セロトアルファを開発したアイシー製薬株式会社は、大麦を麹で醗酵させることで、セロトニンをはじめとする脳内神経伝達物質の働きを助ける「生理活性作用物質」に注目。今注目の酵素がセロトニンに作用して、生きる力をサポートする、全く新しいサプリメントです。

価格 : 5,980円
定期価格 : 2,990円(初回50%OFF)※3回以上の継続が条件です。2回目以降は5,000円です。


詳細はアイシー製薬株式会社の公式サイトでご覧ください↑