ストレスケアでうつ病予防

うつ(鬱)病の予防と対策 TOP > ストレスをためない習慣

仕事終わりや、休日にはストレスケアを意識しよう

毎日仕事している人であれば、決まった時間仕事をこなすだけで精神的なストレスになります。

仕事が終わった後や、休日には次の日にストレスを持ち込まないように意識して発散するようにすると、心身がリフレッシュされますのでうつ病の予防にはとても有効です。


少しもやもやがたまってきたと感じたら、休日に家でごろごろしているだけではなく、ジョギングやカラオケ、音楽鑑賞や映画、友人とのランチなど自分が楽しめる時間であれば何でもいいので、楽しいと思える時間を持つようにしましょう。


ストレスがきっかけとなってうつ病になってしまうという方がとても多いのです。ストレスをためないコツや習慣を身につけるだけでも、うつ病予防に大きな力を発揮してくれることでしょう。